サッカー・U-20ワールドカップ、日本代表が3-1でスコットランドに完勝!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・U-20ワールドカップ、日本代表が3-1でスコットランドに完勝!


サッカー・U-20日本代表が、カナダで開催されているU-20ワールドカップのグループリーグ初戦となる、対スコットランド戦に3-1で勝利! いいスタートを切りました。

サッカー・U-20ワールドカップは2日、各地で行われ、7大会連続出場中の日本代表はビクトリア(カナダ)でスコットランド代表と対戦。

前半終了間際に森島の得点で先制すると、後半にも梅崎、青山が続けざまに得点を決め終わってみれば3-1。
相手を寄せ付けぬ完勝劇で、最高のスタートを切った。

欧州を代表して出てきたスコットランド相手にグループリーグ初戦を勝利で飾れたのは大きいです。
前半から積極的に攻撃を仕掛けた日本代表は、再三に渡りチャンスを演出した。しかし、堅いディフェンスの前に得点には至らなかった。
拮抗した状況が続く中、日本代表に思わぬチャンスが転がり込む。スコットランドのDFがゴール前で決定的なミス。これをFW森島康仁が生かし、日本代表が先制。前半を1-0でリードして折り返した。

前半終了間際に先制点が奪えたのは試合展開からしても、大きかったです。

後半に入っても日本代表主導で試合が進み、迎えた14分。左サイドから中央にポジションを移していた梅崎が相手の横パスを奪いドリブル突破。そのままミドルシュートを放つとゴール左隅に突き刺さった。
さらに35分にも長短のパスを巧みに織り交ぜ相手を翻弄すると、最後は青山が強烈なミドルシュート。GKが一旦は弾くも、勢いそのままにゴールに吸い込まれた。

2本のミドルシュートはどちらも見事でした。積極的にシュートを打っていったのが良かったですね。

日本代表はその後、気の緩みかスコットランドに1点を許すも終ってみれば3-1の快勝。

3点目を取ったすぐ後の失点だったのが残念な所ですが、これは次戦からの課題ということで。

■U-20日本代表、先発メンバー
GK 林彰洋
DF 内田篤人,安田理大,福元洋平,槙野智章,
MF 梅崎司,田中亜土夢,柏木陽介,青山隼
FW 河原和寿,森島康仁

第2戦のコスタリカ戦も、いい試合をして勝利を!

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。