CD上半期シングルランキングTop10 - 2007・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD上半期シングルランキングTop10 - 2007


CDシングルの上半期ランキング(オリコン)が発表になりました。Top10はどれも印象に残るヒット曲ですが、今年前半は、1位となったこの曲が話題でした。

1
千の風になって

アーティスト
秋川雅史

今年の上半期は「紅白歌合戦」から、秋川雅史さんの『千の風になって』が話題になって、超ロングヒットになりました。
幅広い層に支持された『千の風になって』の1位は当然の結果でしょう。
2
Flavor Of Life

アーティスト
宇多田ヒカル


3
Love so sweet

アーティスト



4
蕾(つぼみ)

アーティスト
コブクロ


5
関風ファイティング

アーティスト
関ジャニ∞(エイト)


6
フェイク

アーティスト
Mr.Children


7
星をめざして

アーティスト
NEWS


8
WINDING ROAD

アーティスト
絢香×コブクロ


9
喜びの歌

アーティスト
KAT-TUN


10
明日晴れるかな

アーティスト
桑田佳祐

2位以下で注目したいのは、コブクロのがんばりですね。4位の『蕾(つぼみ)』の他、8位に絢香とのコラボナンバー『WINDING ROAD』もランクインし、2曲をベスト10に送り込んでいます。

また、"強さ"を見せたのがKAT-TUNです。順位は9位の『喜びの歌』ですが、6月にリリースされたばかりのこの曲はチャートの集計期間わずか1週分のカウントながらこの順位ですから。

下半期はどのようなアーティストのどんな曲がヒットするのでしょう!?


(引用:オリコンスタイルサイト)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。