サッカー・アーセナルのベンゲル監督、アンリはバルサでのプレーを望んでいると把握!?・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・アーセナルのベンゲル監督、アンリはバルサでのプレーを望んでいると把握!?


欧州サッカー、夏の移籍市場で話題なのが、イングランド・プレミアリーグ、アーセナルのFWティエリ・アンリ選手がスペインのバルセロナへ移籍するのではということです。
契約の残るアーセナルは残って欲しいところですが、ベンゲル監督は"放出やむなし"の考えか!?


アーセナルのアーセン・ベンゲル監督はティエリ・アンリの将来についてバルセロナと交渉を始めており、来シーズン、アンリの希望がバルサでプレーするこにあると気付いている、と15日、英紙“ザ・サン”が報じている。

同紙によると、ベンゲル監督は今週に渡ってバルセロナの財政部門を統括するフェラン・ソリアーノ副会長とパリにて話し合いを行ったとのことだ。

アンリ選手に残ってもらうのが一番だが、バルセロナに高く買ってもらうことも考えるということでしょうか。
ベンゲル監督のプランにはサミュエル・エトーの獲得も入っているようだが、バルサ側は来シーズン、エトーをアンリと組ませる考えを持っているためエトーを手放すつもりはないと思われる。

バルセロナのエトーをアンリのコンビが実現するなると、"超強力"なFWコンビです。連携などの問題が無ければですが...

つまりベンゲル監督は2年前、パトリック・ビエイラをユベントスに移籍させなければならなかった時と同じような決断を下すことになりそうだ。
チームの退団を望む選手を売らざるを得ないという状況となり、その移籍金をクラブの金庫に収めるというものだ。

バルセロナは2200万ユーロ(約36億3100万円)以上でのオファーを出すつもりのようだが、アーセナルは3000万ユーロ(約49億5200万円)に近い額を望んでいるとのことだ。

1人の選手移籍にこれだけのお金が動きますから、"退団を望むなら..."とチームが考えても仕方ないところもありますよね。

アンリ、エトーに加えてロナウジーニョにも噂がありますから、欧州サツカーの移籍市場はこれからいろいろありそうです。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。