キーン役の轟悠、舞台成功を誓う - 宝塚日生劇場特別公演『Kean』・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーン役の轟悠、舞台成功を誓う - 宝塚日生劇場特別公演『Kean』


宝塚歌劇団が毎年1回、東京宝塚劇場隣りの日生劇場で行う公演で、今年は男役の道を極め続ける専科の轟悠主演に星組選抜メンバーの共演で、ミュージカル『Kean キーン』が上演されます。

宝塚歌劇団星組の日生劇場特別公演『Kean』の製作発表が13日、都内ホテルで行われた。

『Kean キーン』は、19世紀に実在したシェークスピア役者、エドモンド・キーンの波乱に富んだ人生を描いたミュージカルで、1961年にブロードウエーで初演されたもの。劇中に『ハムレット』『マクベス』『オセロー』といった様々なシェイクスピア作品が登場する。

宝塚版ミュージカルとして『Kean』がどのように演出され、ブロードウェイと違った魅力を見せるのか。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000005-pia-ent
今回の宝塚歌劇団、日生劇場特別公演『Kean』には専科の轟悠がキーン役で主演。柚希礼音、南海まり、蒼乃夕妃ら星組選抜メンバーが出演する。

同劇場に4回目の主演となる轟悠は、役者役に「大きな山に徒歩で一歩ずつ向かう感じ」と話し、「日生劇場は勉強させてもらう場。力を存分に発揮し、成功させたい」と誓った。

宝塚歌劇団の"顔"として多くの舞台に主演してきた轟悠さん演じる伝説の役者の物語は、どんなミュージカルとなるのか?楽しみな公演です。

公演は9月1日~23日まで、東京・日生劇場にて行われる。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。