夢のMLBへ! 桑田真澄投手がメジャー昇格!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のMLBへ! 桑田真澄投手がメジャー昇格!


桑田真澄投手がメジャー昇格を果たしました。パイレーツの投手陣は故障者続きですし、3Aで3試合連続無失点の好投を続けたのが評価されたのでしょうね。

MLB・パイレーツ傘下3Aインディアナポリスの桑田真澄投手(39)のメジャー昇格が決まった。背番号は巨人時代と同じ「18」を背負う。9日のヤンキース戦(ニューヨーク)からチームに合流。

中継ぎ補充で昇格の39歳、オールドルーキー桑田真澄投手に巨人時代と同じ背番号「18」を用意とはパイレーツ球団も気を使っています。

これで、パイレーツにも日本人記者が多数張り付くことになるでしょうね。


知らせを聞き、桑田真澄投手は「こんなに幸せなことって、ない。涙が出そう」と二十歳から思い描いていた夢がかない、感激と興奮で男泣き寸前になった。オープン戦で痛めた右足首じん帯断裂から75日。マイナーでの3試合連続好救援の実績を手に、39歳のサムライが夢のマウンドへ向かう。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000063-sph-base
深夜の一本の電話に、桑田真澄のハートが熱くなった。
この日、ツインズ傘下3Aロチェスター戦で登板機会がなく、午後10時半には帰宅し、部屋でのんびりしていた。翌日から3Aでの初遠征が控えていた。午前6時半に球場集合の出発に、「早く寝ないと」と思っていた午後11時半ごろ、携帯電話が鳴った。

3Aで打撃コーチを務めるミューレン氏(元ヤクルト)からだった。「明日からメジャーに合流してもらうことになった」。耳を疑った。
米国での公式戦初の遠征先は、ホワイトソックス傘下3Aシャーロットの本拠、ノースカロライナ州シャーロットではなく、パイレーツが交流戦を行っているニューヨークになったのだ。

元ヤクルトのミューレン選手、3Aでコーチしてたんですね。懐かしい...
でも、打撃コーチのミューレンコーチから投手のメジャー昇格が伝えられる所も米国・メジャー式なのでしょうか!?


2日に本拠でのシャーロット戦で“米国デビュー”してから、マイナーでたった3試合、計4回1/3、48球を投げただけでのスピード昇格となった。

桑田真澄投手はオープン戦終盤の3月26日に右足首じん帯断裂のけがで戦列を離れ、約2か月のリハビリ生活を終え、やっと試合に復帰したばかりだった。

日本にいたらやりたがらないであろう、中継ぎでの登板もMLBなら喜んで登板するでしょう。初めの1、2回の登板で結果が残せるかが、シーズン最後までメジャーに残れるかのポイントになるのではないでしょうか。

でも、桑田真澄投手の敗戦処理の中継ぎはいくらMLBとはいえ、見たくない気もします。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。