MLB・レッドソックス松坂大輔投手、自己ワーストの12被安打でKO・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB・レッドソックス松坂大輔投手、自己ワーストの12被安打でKO


松坂大輔投手がメジャー移籍後初の2ケタ被安打を浴びて“KO”、3敗目を喫しました。
前回の登板で体調不良から吐き気をもよおすなどして心配されたましたが、体調は回復したものの球威、制球はピリッとしませんでした。


MLB・レッドソックスの松坂大輔投手は30日、インディアンス戦に先発登板し、5回2/3を12安打6失点、4三振1死球で、4月17日以来の黒星となる3敗目(7勝)を喫した。
被安打12はメジャーで自己最多。自身の連勝は6で止まった。防御率は4.83。
次回登板は、6月5日(日本時間6日)のアスレチックス戦(オークランド)の予定。

12被安打はガッカリの内容ですね。リードしていた場面で逆転されるなど、今回の松坂大輔投手はいいとこなしでした。

レッドソックスは4-8で敗れ、連勝は5で止まった。
松坂大輔投手は4回まで、ピンチを招きながらも要所を締めるピッチングで無失点に抑えた。しかし、5回に2点を喫すると、6回にはサイズモアに2ランを浴びるなど4失点。

5回に失点するまでもピリッとしないピッチングでした。前回登板時の影響が多少なりともあったでしょうか?

この日は、被安打12、奪三振4、死球1の投球内容で、球数は106だった。

試合は、インディアンス打線が18安打8得点の猛攻を見せた。投げては、先発のバードがレッドソックスの強力打線を2失点に抑える好投を披露。その後も、中継ぎ陣が相手の反撃を2点に抑えて逃げ切った。

松坂大輔投手も連勝していたものの、投球内容には本人も不満だったでしょうからここで一息ついて、6月から本来の投球を期待しましょう。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000015-spnavi-base
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。