「ヱヴァ」庵野総監督 劇場で“緊急声明”・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヱヴァ」庵野総監督 劇場で“緊急声明”


久しぶりの庵野秀明さん、そしてエヴァって感じがしますが、今回もアニメ版のような大ヒットとなるのか?

10年ぶりに映画化される大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」について、庵野(あんの)秀明総監督(46)が17日に全国の劇場で「緊急声明」を発表する。これまで1度も口を開かなかった庵野監督が語ることで、エヴァ再生を印象づける狙い。新作は4部作。第1作は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のタイトルで9月1日に公開されることが決まった。

庵野
監督の声明文は、全国約50館の劇場にポスターとして掲出される。黒地に白文字だけの斬新なデザインで、「疲弊しつつある日本のアニメーションを未来へとつなげたい」と主張。同時に銀幕で15秒の特報も上映される。タイトルも「」を「」、「」を「」に変えた。

さっそく難しい!?ことしてきたな。

現在は4部作のうち第1部を製作中。全26話からなるアニメ版の6話までを描く予定。現存する原画に、新しい場面を加えて撮り直している。
庵野監督は98年の劇場版終了後、実写も手掛け映像作家として活躍の幅を広げている。4月公開の人形劇映画「ストリングス~愛と絆の旅路~」では、SMAPの草なぎ剛(32)らが声優を務める日本語吹き替え版の演出も担当。しかし、エヴァに関してはコメントせず、インターネットでは製作に関する疑問の声も出ていた。

あまり、表舞台得意な感じではないからな。

今回の声明に併せて、ポータルサイト「yahoo!」に特設ページが設けられ、特集が17日からスタート。製作スタッフによるメッセージなどが掲載される。

エヴァは、95~96年にテレビアニメとして放送。人間の心理的観点をとらえた作風が、アニメファン以外からも受け入れられ、97~98年には続編など映画3本が劇場公開された。関連グッズは6000種類に上り、総売り上げは1500億円以上。06年には文化庁メディア芸術祭の「日本のメディア芸術100選」のアニメーション部門で第1位に選ばれた。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。