MLB・レッドソックス松坂大輔、突然の体調不良も7勝目!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB・レッドソックス松坂大輔、突然の体調不良も7勝目!


松坂大輔投手がハーラートップに並ぶ7勝目を挙げました。
激しい雨のため試合は約2時間遅れての開始。その影響もあったのか、松坂大輔投手に思わぬ"敵"が出現!?し、投球内容は2本のホームランを打たれるなど5失点という結果でした。


MLB・米大リーグは25日、各地で行われ、レッドソックスの松坂大輔投手はアーリントンでのレンジャーズ戦に先発、5回7安打5失点ながら、6連勝でア・リーグトップに並ぶ7勝目(2敗)を挙げた。

また、この日は激しい雨のため約2時間遅れての試合開始となった。

何はともあれ、ア・リーグトップに並ぶ7勝目ですから"あっぱれ"ですよ。
試合開始が2時間も遅れるというのは日本では無いことなので、松坂大輔投手はこういうことにも慣れないといけませんね。
松坂大輔投手は三回まで無失点ピッチングだったが四回、2本の2点本塁打などで5点を失い、逆転をゆるしていまう。

三回までのピッチングでも、ベンチに帰る時の表情・仕草が何かおかしかったですが、体調不良で気分が悪く、吐き気をもよおしていたということらしいです。

しかし、レッドソックスが五回に再逆転、松坂大輔投手はその裏を抑えて降板した。岡島秀樹投手は5番手で登板し、1回無失点だった。

吐き気をもよおしながらも、五回を投げ切ったのは"根性"でかね!?
松坂大輔投手は体調不良が次の登板に響かないといいですが。


試合は、レッドソックスが10-6で勝った。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。