ロナウジーニョが会見、「バルセロナを去ることは考えていない」・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロナウジーニョが会見、「バルセロナを去ることは考えていない」


バルセロナからACミランへ移籍か!? と噂が出ているロナウジーニョ選手。最近のロナウジーニョ選手のパフォーマンスが良くないことに批判もあるだけに、注目されるところだが本人が4ヶ月ぶりに会見し、「バルセロナを去ることは考えていない」と改めて明言した。

ロナウジーニョがACミランに移籍するためにバルセロナを去ることは考えていないと記者会見の席で改めて明言した。

「本当だ。そういう選択肢はない。バルサから出て行くことは考えていない」と告白し、自身のパフォーマンスについてはプレシーズンでの準備不足を不調の理由に上げている。
「もっといいプレーを見せることができる。多くのゴールを決めてきたが、前のシーズンのように自分のプレーを続けることができなかった」と自分自身納得できるプレーができていないことを認めている。

世界的に有名なバルセロナだけに、プレシーズンに"イベント"的な試合などが多いですし、ロナウジーニョ選手個人でもスポンサー関係のことなどで忙しいのは確かでしょう。
でも、その分の"金銭"は貰ってますから。
ロナウジーニョ選手は「僕はここでとてもうまくいっているし、バルセロナから離れることは考えていない。この残りのシーズンでベストを尽くし、良いプレシーズンを迎えることを考えている」と強調。

クラブとの契約延長の交渉状況については、「バルサとの契約はあるし、他のことは考えていない。プレーのことだけに集中している」とだけ伝えた。

バルセロナとの契約延長交渉が上手くいっていないとの観測から出ている移籍騒動だと思うので、交渉の進み具合が気になるところです。

また、エトーとの関係について「これまでと変わらない」とし、不仲説の存在についても「エトーとの友情は変わらないし、問題ない」と一蹴した。

移籍するとしたらエトー選手の方が可能性が高そうですが。
この2人が本当に不仲だったらバルセロナの優勝も厳しくなりそうです。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。