サッカー・U-22日本代表、香港に4-0で圧勝! - 1位で最終予選へ・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・U-22日本代表、香港に4-0で圧勝! - 1位で最終予選へ


U-22日本代表がサッカー北京五輪の二次予選をグループ1位での突破を決めました。二次予選は残り1試合を残しての突破となりましたが、次戦のホームでの二次予選最終戦もしっかり勝って、その後の最終予選で北京まで勝ち抜く力を示してほしいところです。

サッカー北京五輪二次予選第5戦、グループ1位のU-22日本代表は16日、アウエー(香港スタジアム)で4位のU-22香港代表を4-0で降した。

日本は前半7分、李忠成が左足で先制ゴールを奪うと、終了間際にも平山が難しい体勢ながら得意のヘッドで押し込み2-0でリード。
後半にも本田圭、水野が立て続けにゴールを奪い終わってみれば4-0で香港に圧倒した。

チームの持っている実力からすれば4-0という数字も"当然"といったところだが、アウエーでの五輪予選の戦いということを考えればサッカー・U-22日本代表は良く戦ったと言ってあげたい。
サッカー・U-22日本代表の反町監督は、これまで最終ラインを全く手を入れなかった。しかし、水本が故障により日本に帰国。急遽、レッズに所属する細貝を右のストッパーとして起用した。

その監督の期待に応えるべく細貝がチームに貢献し猛アピールした。そんな彼が先制点の起点になった。前半7分、右サイドから絶妙なクロスを上げると、梶山が冷静にヘッドでフリーの李忠成にポストプレー。李自身も「カジ(梶山)から最高のパスがきたので決めて当たり前」と言うように、完璧に左足で叩いた。

力的には上でも、アウエーでの戦いで早い時間での先制点は良かった。

先制したことで気が緩んでしまったのか、日本はイージーなミスが続きリズムに乗れなかった。

こういったところは、サッカー・U-22日本代表の課題の1つだろう。最終予選では簡単なミスを続けていると失点に繋がる危険が増すわけだから

しかし前半終了間際、所属するFC東京で全く出場機会のない平山相太が存在感をアピールするようにヘッドでゴールに流し込み、貴重な追加点を挙げた。

そして、後半に入ると試合は一方的な展開に。7分に本田圭佑が本人も「出来すぎ」というほど、強烈な無回転ブレ球のフリーキックを直接叩き込むと、後半15分にはゴール前フリーで待ち構えた水野晃樹が、家長のパスを冷静に押し込み、今予選最多となる4点目を奪った。

点差がある程度ついてしまうと実力差があるだけに、香港チームも集中力が切れてしまったようだった。
それにしても、本田圭祐選手のブレ球フリーキックは"見事"だった!!


これでサッカー・U-22日本代表は5連勝を収めグループ首位が確定。1試合を残しての二次予選の成績は勝ち点15、得失点差はプラス13として、最終予選へのシード権獲得へ向け大きなアピールになった。

次戦のホーム国立競技場でのマレーシアを迎えての一戦もしっかりした試合をして、二次予選全勝で最終予選へ行ってもらいたい。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。