東芝から、光触媒とトリプルフィルターで排気をキレイにする掃除機発売!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝から、光触媒とトリプルフィルターで排気をキレイにする掃除機発売!


掃除機を買おうと家電量販店などに行くと、たくさんの種類があって迷ってしまいますね。掃除機それぞれの特徴を掴んでおくと、選びやすいでしょう。
そこで今回、"排気"が汚れている感じが苦手だという方に"排気の浄化"に優れた掃除機を紹介!


東芝コンシューマーマーケティングは5月14日、光触媒と3種類のフィルターで排気をキレイにする、紙パック式掃除機『VC-PW7D』『VC-PW7E』を6月1日より販売開始すると発表した。

実売想定価格は『VC-PW7D』が2万5000円前後、『VC-PW7E』が2万円前後。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000050-zdn_lp-sci
紙パック式掃除機『VC-PW7D』『VC-PW7E』は、
雑菌の繁殖を抑える「光触媒フィルター」に加え、
ミクロレベルのホコリを取り除く「ヘパクリーンフィルター」
ダニの死骸とスギ花粉を吸着する「アレルゲットフィルター」
臭いを抑える「ゼオライト脱臭フィルター」
の3種類のフィルターで排気の浄化を行う掃除機

光とトリプルフィルターで排気の汚れや匂いも気にならないので安心。

吸い込み仕事率はいずれも90~550ワット。
紙パック内にゴミがたまっていても、吸い込んだ空気がスムーズに流れる機構「パワー持続ウェイ」を採用しており、利用中に吸い込み力が落ちないように配慮が施されている。

途中で吸い込み力が落ちるのは使いずらいし、イライラしちゃいます。

『VC-PW7D』はモーター駆動ブラシを備える「コンパクトパワーヘッド」、
『VC-PW7E』にはヘッドの前からでも横からでも吸い込める「ヨコわざコンパクトヘッド」を備える。

掃除機の使い方から合った物を選びましょう!

本体部のサイズはいずれも250(幅)×310(長さ)×200(高さ)、3.1キロ。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。