MLB・ヤンキース松井秀喜、日米通算2000安打達成!!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB・ヤンキース松井秀喜、日米通算2000安打達成!!


松井秀喜選手がついに2000安打達成!一度は失策と判断され、試合中に訂正されての記録達成というめずらしい形での2000安打目となった。
守備に就きながら打撃記録を“達成”した松井秀喜選手、なかなかできることではありません!?


MLB・米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手(32)は6日(日本時間7日)、当地で行われたマリナーズ戦で日米通算2000安打(日本1390、米610)を達成した。

マリナーズのイチロー外野手(33)が04年5月に達成して以来2人目の快挙をプロ15年目、1822試合目で成し遂げた。

プロ15年目、1822試合目での2000安打達成はさすがに凄い!
この間、ほとんどをレギュラーとして試合に出続けているのだから立派だ。


この日、くしくもイチローを前にしての記録到達となった。日米の通算記録では、野茂英雄投手(38)がデビルレイズ時代の05年6月に通算200勝を達成している。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000003-mai-spo
記録まで残り1本でこの試合に臨んだ松井秀喜は6番・左翼で先発出場。

六回の第3打席、マリナーズの左腕、ジェレッド・ワシュバーンから左翼に打ち上げた平凡な飛球。高く上がった飛球で、左翼手、ラウル・イバネスは視界に太陽が入って打球を見失った。

いったんは失策と判断されたが、七回表になって安打と訂正され、松井秀喜は左翼の守備位置に就きながらの“記録達成”となった。

松井秀喜選手も試合後、「ある意味印象に残る」と語ったように珍しい形での2000安打目になった。

松井秀喜選手のプロ初安打は巨人1年目、デビュー戦となった93年5月1日のヤクルト戦(東京ドーム)。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。