東京ディズニーリゾート、各世代にアピールする集客作戦・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ディズニーリゾート、各世代にアピールする集客作戦


東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)といえば、GW(ゴールデンウイーク)期間中のみならず、一年中、家族連れなどでにぎわっている日本有数のテーマパークだ。
その東京ディズニーリゾートの年間入場者数は2500万人を突破、主要顧客であるファミリー客の獲得は限界に近づきつつある。そこで、重要になるのがシニア層の獲得だ。


GW3日目の4月30日。雲ひとつない好天に恵まれた東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)は、雷雨に見舞われた連休初日(同28日)を挽回するのに十分なファミリー客や若者を集めた。

何度行っても楽しめるTDR、このお客を引き付ける魅力の"強さ"は何なのだろう。

そんな中、今年のTDRには、昨年のGWにみられなかった光景がある。
東京ディズニーシー(TDS)で専門ガイドに案内されて園内を歩く一般客のグループ。
3月21日から6月30日まで期間限定で行われている「フラワー&ツリーツアー」の参加者だ。
2500円を払えば、ガイドが園内に植えられた樹木を紹介しつつ、敷地を広く見せる植え方や、海に面した土地での栽培方法を教えてくれる。

ディズニーのことに拘らず、"東京ディズニーシー"の新たな楽しみ方の提案といった感じだろうか。
"ツアー"自体もなかなか楽しそうで、良さそうだ。


4歳以上が参加できるが、オリエンタルランドの安岡譲治執行役員は、「シニア層がメーンターゲット」と言い切る。

テーマパークもこれからはシニア層の獲得が新規顧客獲得に向け、重要になってきそうだ。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。