GWにギネス級大作映画『スパイダーマン3』はいかが!?・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWにギネス級大作映画『スパイダーマン3』はいかが!?


GW(ゴルールデンウイーク)の最後は映画館で映画鑑賞はいかがでしょう。難しいことは抜きにして、話題の作品を見てリラックスというのもいいでしょう。
そこで、GW中に盛んに宣伝もされている『スパイダーマン3』だ。人気の「スパイダーマン」シリーズで、仕掛けも巧妙、スケールの大きさはかつてないほどだ。


シリーズ3作目の『スパイダーマン3』のスタッフは1作目、2作目と同様、製作総指揮がスタン・リー、監督サム・ライミ、主演トビー・マグワイアで今回は謎の液状生命体と戦う。

人気シリーズ作品を力を抜いて、"楽しむ"というのも良いです。

とにかくスゴイのが製作費。ギネスものだ。
なんと3億ドル(日本円で約350億円)という途方もない金額で、世界の映画史上最高となる。
興収はもちろん大台を狙っている。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000005-gen-ent
日本での興収は1作目70億円、2作目65億円と100億円に届きませんでした。そこで配給のソニー・ピクチャーズは『スパイダーマン3』で100億円超を実現させたいと意気込んでいるという。

映画人気が盛り返して来た、そしていくら人気シリーズ「スパイダーマン」とはいえ、さすがに100億円の興行収入は容易ではないでしょう。

スパイダーマン3』の映像は、CGに巨費を投入しただけあって素晴らしいと評判。

ということなので、"そこ"のところも楽しめそうです。

配給のソニーは日本を世界の最重要マーケットにしている。
世界の公開は5月5日だが、日本だけ5月1日に前倒しする。

GWの締めに、世界に先駆けて『スパイダーマン3』を楽しむのも良いのでは!?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。