セルティック・中村俊輔、ロスタイムに優勝決定FK!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルティック・中村俊輔、ロスタイムに優勝決定FK!


中村俊輔選手がロスタイムでのFKを決めて、セルティックのリーグ2連覇が決定!
今季の中村俊輔選手は、スコットランドリーグでの試合はもちろん、欧州CLでもチームの主力として活躍しました。スコットランド・プロサッカー選手協会の年間最優秀選手に選ばれたそうですが、それも"当然"かもしれません。


中村俊輔が劇的な“優勝弾”を叩き込んだ。サッカー・スコットランドリーグのセルティックに所属する中村俊輔(28)は22日、アウエーのキルマーノック戦にフル出場。1-1の後半ロスタイムにFKから直接ゴールを決め、チームを2年連続41回目の優勝に導いた。

前半24分には右CKから先制点をアシストするなど、獅子奮迅の活躍ぶり。

1ゴール・1アシストと、優勝決定が掛かる大事な試合で全得点に絡む活躍するんですから中村俊輔選手、素晴らしい!

残留が決定した来季は欧州6年目で集大成のシーズンとなる。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000007-spn-spo
沈着冷静で知られる中村俊輔も、込み上げる歓喜の感情を抑え切れなかった。

“優勝弾”を決めた中村はリーグ戦今季初のイエローカードを覚悟でユニホームを脱ぎ、右手で振り回した。
そしてスタンドに駆け寄り、チームメートとファンにもみくちゃにされた。「1回、ファンの中に入りたかった」。

毎試合、あれだけ"熱心"過ぎるほどの応援をしてくれるセルティックサポーターですから、中村俊輔選手も自身が決めたFKの興奮と喜びをセルティックサポーターと共にしたかったのでしょう。

ようやく歓喜の輪が解けたとき、中村は涙をこらえるように右手で顔を覆った。

1-1で迎えた後半ロスタイム、自らが得た中央右寄り24メートルのFKだった。5枚の壁の左を巻いて落ちる低い弾道のボールには、最高の技術に加え計算し尽くされた読みが含まれていた。

ファーサイドからFWフェネホールオフヘッセリンクらが飛び込んできたため、相手GKはニアサイドから動けなかった。その裏をかき、味方に当たるか当たらないか紙一重のボールで直接ゴールネットを揺らした。

中村俊輔選手が蹴ったFKが見事なのはもちろんのこと、試合終了間際のロスタイムという"時間"がなんとも...

中村俊輔選手は移籍2年目の今季、リーグ全34試合に先発してこれで9得点の活躍。

すっかりチームの主力、中心選手です。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。