『KAT-TUN』赤西仁、帰国会見-英語であいさつ・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『KAT-TUN』赤西仁、帰国会見-英語であいさつ


KAT-TUN』の赤西仁さんが他のメンバー5人も同席する中で会見に臨み、昨年10月以来の芸能活動再開を発表した。『KAT-TUN』の他の5人と、復帰に向けた話し合いを2日間にわたり持った際には、“衝突”もあったという。

ロサンゼルスでの語学留学を終え19日に帰国した『KAT-TUN』の赤西仁(22)が20日、都内のホテルで会見し、昨年10月以来の芸能活動再開を発表した。

英語であいさつも行った会見には、他のメンバー5人も同席。赤西は2月にニューヨークで復帰について5人と話し合いの場をもったことを明かし「初心を忘れずに頑張りたい」と決意表明した。

突然休業、早々と復帰ですから他の『KAT-TUN』メンバーとはよく話し合わないといけませんよ、当然。

21日の仙台公演から、さっそくファンの前に登場する。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070421-00000008-sanspo-ent
昨年10月の休業会見から約半年。
「初心を忘れず、目の前のものを一つ一つこなしていって、頑張りたい」。
前日帰国したばかりの赤西仁は、以前よりシャープな顔つきで活動復帰を宣言した。

昨年10月半ばに米ロサンセルスへ語学留学。現地では「1日10ドル(約1200円)とかの生活もしました。ホームステイ先を変えなくてはならなかったり、予想外のことも出てきた。一番の成果は人生勉強です」と振り返る。
その上で「I’m sorry for all the confusion that I’ve caused and thanks for waiting」(僕のせいでお騒がせしてすみません。待っててくれてありがとうございます)と英語であいさつし、留学の成果を強調した。

英語でのあいさつが留学の成果とはいえないでしょうが、赤西仁さんの言葉通り"人生勉強"できたのか、今後の彼や『KAT-TUN』の活動を楽しみにしましょう。

昨年3月に待望のデビューを飾り、これからという時の休業宣言。メンバーも戸惑った。今年2月に仕事でニューヨークを訪れた他の5人と、復帰に向けた話し合いを2日間にわたり持った際には、“衝突”もあった。

KAT-TUN』としてこれからがんばって,,,というところでの"休業"だったのでメンバーそれぞれの気持ちを確認する意味でもじっくり話し合うのは良かったのではないでしょうか。

厳しい声に対し、赤西は「もちろん理解しましたし、本当に真剣に考えて、お互い向き合って話し合った」。互いに忌憚(きたん)ない意見交換をして認め合い、“6人の再出発”にたどり着いたようだ。

「(メンバーには)感謝の気持ちと謝罪の気持ちがあります。I do my best my work」(仕事でベストを尽くします)。男として、赤西の真価が問われるのはこれからだ。

今後、赤西仁さんはじめ『KAT-TUN』が活躍し、ファンを楽しませてくれたら、この"騒動"も『KAT-TUN』が飛躍するきっかけになったと後に言えるでしょう。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。