任天堂ゲーム機『Wii』の1番人気ゲームは「Wiiスポーツ」・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂ゲーム機『Wii』の1番人気ゲームは「Wiiスポーツ」


Wii』1番人気ゲームは、”体感”ゲーム「Wiiスポーツ」だった。「マリオ」や「ゼルダ」といった人気定番タイトルを抑えての1位。
この背景には、クイズやパズルを解いて楽しむ”脳トレ”ゲームのヒットなどゲームは頭に良いものだという考えや、体力の向上や健康の増進に役立つゲームや玩具が登場で”ゲームをしながら健康に”という考えも定着しつつあることがあげられそうだ。


国内での販売が200万台突破となった任天堂の家庭用ゲーム機『Wii』だが、1番人気のソフトは「マリオ」や「ゼルダ」といった定番タイトルではない。
国内で122万本を売った「Wiiスポーツ」が実はトップ。

もちろん『Wii』のゲームソフトで「マリオ」シリーズ等の定番タイトルも子供達を中心に人気でしょうが、「Wiiスポーツ」は家族で楽しめるなど、幅広い層に人気があるのが1位になった要因ではないでしょうか。

「Wiiスポーツ」は、手で持つコントローラーを野球のバットやテニスのラケット、ボウリングのボールに見たて、振ったり動かしたりすると、画面に動きが反映されて、スポーツを楽しめる”体感”ゲーム。
ゲームとエクササイズの関係では、コナミから98年にゲームセンター向けに販売され、日本中の若者を躍らせた業務用ゲーム機「ダンスダンスレボリューション」が知られている。

米国でもゲームセンター向けにも投入はされていたが、日本ほどの人気は呼ばなかった。

健康に役立つとなれば、日本人と違い、ゲームセンターでは恥ずかしがってプレーしない外国人でもチャレンジする意欲が沸くようだ。子供たちならなおのこと、楽しみながら運動する方を選ぶ。

イメージ的には日本人の方が恥ずかしがりそうに思いますが、ゲームに関しては違うようで。

米国でも好調な『Wii』向けに、この「DDR」が投入されるという話も伝わっており、発売されれば「Wiiスポーツ」に続く体感スポーツゲームとして、世界的に人気を集めそうだ。

”体感”ゲームのヒットは世界的なんですね!? やはり健康ブーム+みんなで楽しめるのがいいのでしょうね。

少子化で子供向けのゲーム市場や玩具市場が伸び悩むなか、女性層や健康市場をねらいつつ、玩具やゲームが持つエンターテインメントの要素を持った商品が、これからも増えていきそうだ。

Wii』のゲームでもこれからますます”脳トレ”や”体感”系のソフトが増えそうです。

(引用:iza!)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。