サッカー・日本代表候補に3人の“2階級特進”組・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・日本代表候補に3人の“2階級特進”組


サッカー日本代表候補強化合宿のメンバーが発表になった。選手達の名前の中にオシム監督が驚きの"サプライズ"を加えていた。
U-20(20歳以下)日本代表が3人も“2階級特進”で召集された。


日本サッカー協会は15日、16~18日に千葉県内で行われる日本代表候補強化合宿に参加する26人を発表し、DF内田篤人(19)=鹿島=、MF柏木陽介(19)=広島=ら6人が初選出された。

せっかくのサッカー日本代表候補強化合宿ですから、若手も参加するのは良いことではないでしょうか。

内田、柏木に加え、2度目のGK林彰洋(19)=流経大=のU-20(20歳以下)日本代表が3人も“2階級特進”。

日本代表イビチャ・オシム監督が2010年南アフリカW杯を見据えたチーム作りに着手した。

U-20日本代表強化のためにも、選ばれた選手がU-20代表に留まらずフル代表へ成長するためにも、もちろん現在のフル代表のためにもいい召集だと思います。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000075-sph-socc
サッカー日本代表にまた“無名選手”が増殖した。
しかしオシム監督は、あくまで自信たっぷりだ。「Jリーグを見ていれば意外な選手はいません。サプライズではありません」。
午後8時の正式発表の約3時間前、柏−浦和戦の視察を終えると、胸を張って話した。

注目はU−20世代だ。2月の練習合宿に初招集されたGK林に加え、DF内田、MF柏木が加わった。「これまで常に呼ばれてきた代表チームの中心グループに、実際に呼んで間近で見てみたい興味のある選手を加えた」と指揮官。

オシム監督も間近で見たいでしょうが、選ばれた若手の選手もフル代表のメンバーとの練習を"間近"で体験するのは良いことですよ。

サッカー・U−20代表の主力3人には、U−20W杯(6月30日開幕、カナダ)と日程が重複するアジア杯(7月7日開幕、ベトナムなど4か国共催)ではなく、10年南アフリカW杯の予選、本戦を見据えた“エリート教育”が施される。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。