オタク評論家、宅八郎が渋谷区長選に立候補表明・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタク評論家、宅八郎が渋谷区長選に立候補表明


宅八郎が東京都渋谷区長選に立候補を表明。オンブズマンと共闘し、「ハコモノ行政を中止」などを掲げての出馬だ。

15日告示の東京都渋谷区長選に、「オタク評論家」で知られる宅八郎氏(44)が14日、立候補を表明した。

政治団体「オンブズマン渋谷行革110番」の公認。

宅八郎さん、最近あまりテレビなどでも見ないと思っていたら、渋谷区長選挙に出馬表明!?
オンブズマンの公認を受けてのことですから、"マジ"なんでしょうね。

これも"そのまんま"現象の一つでしょうか!?


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000076-mai-pol
宅八郎氏は現区政を「大きな箱物を立て続けに建設している」と批判し、「渋谷をもう一度、萌(も)える街にしたい」と訴える。職員給与の見直しや区長退職金の廃止などを公約に掲げる。

宅八郎氏が主張していることの大半はもっともなことですが、「渋谷を萌える街に」という訴えは区民に届くでしょうか?

宅氏はテレビCM制作会社を経て90年、タレントに。音楽、著述活動など幅広く活躍している。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。