物欲上昇!ショップブランドVista搭載ノートPC・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物欲上昇!ショップブランドVista搭載ノートPC


Vistaが発売開始になってしばらく経過したが、パソコン業界は活気づいているのか!?
やはり新たにPCを買うならVista搭載がいいということで、近頃はノートも良い物が出ているので見て見よう。


マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)が発売となり、パソコン業界はにわかに活気づいている。Vista発売を機にパソコンを購入した人が多く、その勢いは現在でも続いている。パソコンは、デスクトップパソコンとノートPCの2種類に大別されるが、省スペースで携帯性に優れていることから、最近はノートPCを購入する人が増えているという。

ノートPCは、デスクトップパソコンよりも小型であるために、パフォーマンスや拡張性の面で劣る部分がある。ところが、ハードウェアの向上により、最近ではデスクトップパソコンに引けをとらない高い性能を備えた製品も登場してきた。さらに、PCショップが提供するショップブレンドのノートPCは、メモリーやハードディスクの容量を選択できるほかに、CPUの変更やOSのエディション、Officeの有無など、ユーザーにあわせたきめ細かいカスタマイズが大きな魅力となっている。

自分の用途、予算に合わせて買えるのはうれしい。

そこで今回は、ショップブランドのVista搭載ノートPCを、秋葉原の各店舗での取材をもとに紹介する。
■最新技術をいち早く提供 - サードウェーブ 長谷川氏
ドスパラは、「技術と信頼のPCショップ」を旗印に掲げ、全国32店舗で展開している老舗のパソコンショップである。同社のショップブランド・パソコンには、顧客に最高のパソコン、高品質のパソコンを届けたいという願いから、英語で「最高の」「高品質の」を意味する「Prime」というブレンド名が付けられている。同社では、1月30日のVistaの販売にあわせ、より早く顧客に Vistaを使用できるパソコン環境を提供したいという思いから、同日よりVista搭載のデスクトップパソコンおよびノートPCの出荷を開始している。
ドスパラのオリジナルノートパソコンの特長は、ナショナルブランドのメーカーに比べて、カスタマイズの自由度が高く、ラインナップ的にも幅広いモデルを用意している点だ。BTOでは、メモリーやハードディスクに加え、CPUの変更も可能となっている。TPOにあわせた商品を出荷するためで、顧客からも好評を得ているという。

■高性能で購入しやすい製品を提供したい - ツクモパソコン本店 大久保氏
ツクモは、秋葉原を中心に日本全国でパソコンの販売を展開しているPCショップである。ショップブランドパソコンのシリーズ名「ex.computer」は、「ex.」に「extra」「extreme」「extend」などの意味が込められている。ノートPCに使用されているモデル名「Caderna(カデルナ)」は、ポルトガル語で「ノートパソコン(notebook)」を意味する「caderno(カデルノ)」を基にした造語である。
ノートPCのラインナップには、15.4インチワイド液晶搭載モデル「N154J」シリーズと、17インチワイド液晶搭載モデル「N170J- 401E/301E/301D」シリーズ、17インチワイド液晶・高精細グラフィックス機能搭載モデル「N170J-602M」、17インチワイド液晶搭載フルHD対応モデル「N170J-802E2/712E2」の4種類に大別できる。販売ルートは、店舗および通販で、BTOによるカスタマイズにより、顧客のニーズにあったパーツ構成に変更できる。CPUのカスタマイズは、BTOのノートパソコンならではといえるだろう。

個性あふれるノートPCが欲しい人、とくに自分の好きなパーツ構成のVista搭載パソコンが欲しい人は、ショップブランドのノートPCの導入を検討してみてはいかがであろうか。

こう見てくるとやっぱりノートPC欲しくなる!!

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。