サッカー、クラブ長者番付1位はマンU・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー、クラブ長者番付1位はマンU


米経済誌“フォーブス”が、サッカーのクラブ長者番付を発表。
欧州のビッグクラブが名を連ねていますが、それにしても金額が凄いです。


米経済誌“フォーブス”が発表したクラブの長者番付によると、世界で最もリッチなサッカークラブはイングランドのマンチェスター・ユナイテッドで、スペインのレアル・マドリー、イングランドのアーセナルがこれに続いた。

マンUは14億5300万ドル(約1711億7000万円)でトップの座を堅持。
2位のR・マドリーは10億3600万ドル(約1220億5000万円)。
3位のアーセナルは9億1500万ドル(約1077億9000万円)。

上位25位のうちイングランドのクラブが10を占めている。

イングランド・プレミアリーグは選手の移籍金、給料がどんどん上がっていて、一種の "バブル" 状態では?という話も聞きますが、放送権料などの収入も大きいのでしょうね。
クラブ長者番付ベスト5

1位.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)14億5300万ドル(約1711億7000万円)
 2位.レアル・マドリー(スペイン)        10億3600万ドル(約1220億5000万円)
 3位.アーセナル(イングランド)          9億1500万ドル(約1077億9000万円)
 4位.バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)       8億3800万ドル (約986億9000万円)
 5位.ACミラン(イタリア)            8億2400万ドル (約970億5000万円)

マンUとR・マドリーという欧州を代表するビッグクラブが1位、2位君臨!!
チャンピオンズリーグ出場の常連ですし、所属している選手の名前から見ても当然かもしれませんが。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。