FCバルセロナのサビオラ、残留か退団か・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FCバルセロナのサビオラ、残留か退団か


サッカー・リーガエスパニョーラで優勝争いを演じるFCバルセロナ。
リーグ戦とは別に注目を集めているのが、残留か退団かで騒がれているサビオラ選手。そのサビオラ選手が記者会見で心境を語った。


バルサ残留か退団か注目が集まるサビオラは記者会見で、「まだバルサからは何の話もない。沈黙が続いたままだ。クラブからもスポーツディレクターからも話はない」と明らかにした。

この状況について、「怒ってはないよ。問題があるのは僕じゃなくてクラブ側だ。面と向かって問題に取り組めば誰も怒るわけない。ただクラブがどんな考えを持っているのか聞きたいだけなんだ。誰かの頭にピストルを突きつけて契約延長を申し出るなんてことしないよ」と続けた。
早く自身の将来を明らかにさせたい様子のサビオラ。「最近は全然試合に出ていない。フロントがどんな事を考えているのか分からない。もうモナコやセビージャに移籍した時のようなことは繰り返したくない。どうやったらフロントが話を持ってきてくれるか知りたいね」と焦りもあるようだ。

サビオラほどの選手が試合に出れないFCバルセロナの選手層も凄いが、選手としては出場機会がほしいだろう。

「移籍先候補のチームについて、今はバルサで所属しているので話したくない。バルサを退団しなくちゃいけないかどうかは分からない。でもどんなオファーでも聞く用意は出来ている。自分でいろいろ動いているけど、ビックチームも僕に興味を示してくれている」と認め、「バルサに残留したことは後悔していない。自分で決めた事だからね。今シーズンはバルサで最後までプレーしたかった。それが出来ていれば最高だった。もし、もう試合に出場できないなら退団しなくてはいけない」と付け加えた。

早期に問題が解決することを願うが、サビオラがシーズン途中の退団となれば寂しい。FCバルセロナ全体にもなんらかの影響がありそうに思うが、どうなりますか!?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。