UFCとPRIDEがWWE方式で・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFCとPRIDEがWWE方式で


UFCによるPRIDE買収で、2つの大会がどのように開催されるのかなと思っていましたが、WWE方式が採用されるようです。

PRIDEを買収したUFCが、世界最大のプロレス団体WWE方式を採用することが25日、分かった。

選手をUFCPRIDEに分割して興行を開催し、年に1度両ブランドの中心選手でオールスター戦を行う。
ロー、スマックダウンでそれぞれストーリー展開しながら、レッスルマニアでスターが勢ぞろいするWWEと同じ手法で日米をまたにかけ人気獲得を狙う。

UFCPRIDEのオールスターは興味深いです。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000018-nks-fight
UFCが「PRIDE」を第2ブランドとして活用する。

買収後もPRIDEの看板を残し、試合も従来のリングを使う。
金網の中で戦う本隊のUFCと選手も分けて、それぞれ階級別に王座も設立する。
UFCPRIDEは横に並ぶ関係。WWEのローとスマックダウンのようなもの」と関係者は説明した。

選手は所属ブランドを主戦場に戦い、年に1度、米国で開催予定のオールスター戦で両ブランドの代表選手が激突する。
米国最大のメジャープロレス団体WWEが成功した方式を取り入れる。現在、UFCは米国人選手中心。一方PRIDEはアジア、欧州、中南米など世界中の選手がいる。今後は選手の入れ替えなども計画しているという。

試合がそれぞれ従来のリングなので見る側としては、さほど違和感ないと思いますが大幅な選手の入れ替えがあるとどうでしょう。

まさか、WWEのような方式を採用するだけで "ストーリー展開" まで真似しませんよね!?


UFCPRIDEとも各階級でスター選手同士の対戦が一回りした状態でもあった。UFCPRIDEを吸収することで、マンネリ感が解消される。世界の格闘技界に新たな時代が訪れる。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。