フィギュアスケート世界選手権・安藤美姫が逆転金メダル・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート世界選手権・安藤美姫が逆転金メダル


フィギュアスケート世界選手権で安藤美姫が逆転金メダル!!
最終滑走者ということで安藤選手も緊張があったと思いますが、見ている方も演技が上手くいくのか、順位がどうなるのかとハラハラしました。


フィギュアスケート世界選手権最終日は24日、東京体育館で女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位の安藤美姫が自己ベストとなる127.11点をマークし、合計195.09点で逆転優勝を果たした。

日本開催の世界選手権で、フリー自己ベストですから素晴らしい!!、凄い!!
SP5位の浅田真央はフリー1位となる133.13点を記録するも、合計194.45点で2位に終わった。

結果的にはSPでの失敗が痛かったですが、フリーの演技は素晴らしくて感動的でした

SPトップのキム・ヨナ(韓国)は114.19点と伸び悩み、合計186.14点で3位に沈んだ。

ジャンプで転倒、尻もちついちゃいましたからね。
しかし、この選手どんどん強くなっている印象があります。


中野友加里は、108.30点で合計168.92点の5位。

中野選手はよく健闘したといっていいのではないでしょうか。失敗する選手が多い中、5位は立派な成績ですよ。
注目が浅田、安藤両選手に向かう中で "存在感" 示しましたね。


最終滑走者だった安藤美姫は、4回転ジャンプを控え、ノーミスの演技で逆転に成功した。

■女子最終順位
1.安藤美姫              195.09(合計点)
2.浅田真央               194.45
3.キム・ヨナ(韓国)           186.14
4.キミー・マイズナー(米国)     180.23
5.中野友加里              168.92
6.カロリーナ・コストナー(イタリア) 168.92
7.サラ・メイヤー(スイス)       160.80
8.スザンナ・ポイキオ(フィンランド) 160.12
※上位8人

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。