ボクシング・亀田興毅、フライ級復帰戦は判定勝ち・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクシング・亀田興毅、フライ級復帰戦は判定勝ち


ボクシング『亀田場所』で亀田3兄弟の長男、亀田興毅がフライ級10回戦に登場。K.Oすることはできず、判定での勝利となった。

『亀田場所』
亀田興毅フライ級復帰戦(24日、東京・両国国技館)

“浪速の闘拳”亀田興毅の年内2階級制覇への第一歩、フライ級復帰戦は24日、東京・両国国技館で行われ、亀田がWBC12位のエベラルド・モラレス(メキシコ)を3-0の判定で制した。

(引用;Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000241-sph-spo
亀田興毅は昨年8月、WBAライトフライ級王座決定戦でフアン・ランダエタ(ベネズエラ)に判定勝ちしたが、不可解な採点が「疑惑の判定」との論議を呼んだ。

判定が論議を呼んだころが一番、亀田家の話題が盛り上がっていたのは皮肉なとこですね。

同12月の再戦でランダエタを判定で退け初防衛。2階級制覇へ向けてタイトルを返上し、本来のフライ級に階級を戻した。

亀田興毅の力を示すには2階級制覇もそうですが、試合前に亀田家がよく言うようにK.Oで勝って “有言実行” してほしいですよね。 

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。