甲子園に「タッチ」の上杉達也が!?・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園に「タッチ」の上杉達也が!?


選抜高校野球大会が23日に開幕しました。地元や出身校でなくても、なんとなく見ちゃいます。
そんな甲子園を目指す物語の漫画といえばあだち充さんの「タッチ」ですが、今回の大会に漫画の主人公、上杉達也が出場!?


甲子園に「タッチ」が帰ってくる-。23日に甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕した第79回選抜高校野球大会。
出場校の北陽(大阪)の主将は、上杉達也選手(17)=右翼手=で、甲子園を目指す双子を描いた野球漫画「タッチ」の主人公と同姓同名だ。

母親が漫画の大ファンだったことから名付けられ、原作者のあだち充さん(56)は「北陽のタッちゃんも頑張って」と応援する。
「タッチ」は昭和56年から61年まで、少年雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)に連載。甲子園を目指す双子、上杉達也と和也の青春、幼なじみの浅倉南をめぐる恋愛模様を描き、アニメや実写映画化もされた。

甲子園を目指す野球の部分と恋愛模様のところが上手く絡んで描かれていていい漫画でした。
"南ちゃんをさがせ~" なんて企画もニュースのスポーツコーナーでありましたよね。


北陽の上杉選手は平成元年7月30日、大阪府茨木市に生まれた。「達也」の名は、漫画の大ファンだった母、泰子さん(49)が名付けた。小学3年から軟式野球チームに入り、「タッちゃん」と呼ばれ人気者に。名前だけに注目され恥ずかしい思いもしたが、今は「達也が持つ意志の強さやあきらめない粘りを尊敬している」とあこがれの存在だ。

その恥ずかしい思いを吹っ切って、実際に甲子園出場ですから素晴らしいです!

上杉選手は「漫画のように優勝といきたいけど、1戦1戦を大事に戦い、1つでも多く校歌を甲子園に響かせたい」と抱負を語った。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。