浅田真央SP5位とまさかの出遅れ、安藤美姫2位・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央SP5位とまさかの出遅れ、安藤美姫2位


フィギュアスケート世界選手権は注目の女子シングルがスタート。日本勢にメダル、優勝の期待もかかるがSPの結果は...

フィギュアスケート世界選手権第4日は23日、東京体育館で行われ、女子ショートプログラム(SP)は、韓国の金妍児が首位に立ち、安藤美姫(トヨタ自動車)は2位、浅田真央(愛知・中京大中京高)は5位、中野友加里(早大)は7位だった。

安藤美姫さん、中野友加里さんは自己ベストを記録し、健闘しました。
浅田真央さんは中継局以外にも取材されたり、フジテレビはもちろん "優勝候補筆頭だ" と番宣しますから変な緊張がありましたかね!?
■金妍児の話-SP1位
「スパイラルでバランスを崩す小さなミスがあったのに、想像を超える高得点が出た。(痛めていた)腰は昨日から痛みが消え、自信を持って臨んだ。フリーは、ミスしても後悔しない滑りをしたい」

腰痛が酷いみたいに日本のマスコミは報道してましたが、そんなに酷くなかった感じ!? 

安藤美姫-SP2位
「全日本選手権の後に練習ができなくて体力面の自信がなかったけれど、自己ベストの演技ができて、ほっとした。今季最後の試合なので(フリーで4回転ジャンプを)思い切って入れたい」

4回転ジャンプを入れるとするならば、この決断が順位的にはどう影響してきますか!?

浅田真央-SP5位
「SPで大きなミスをしたことは大きい。踏み切りが遅かった。足が震えるほどの緊張はなかった。(点差は)すごく離れているが、気にせず200点を出したい。フリーはパーフェクトな演技をしたい」

優勝は極めて厳しい状況になりましたが、フリーは思い切っていい演技をしてもらいましょう。

中野友加里-SP7位
「やれるだけのことはやったので、すごく満足。SPを終えてまずはほっとしている。緊張はあったけど、みんなの目が美姫ちゃんと真央ちゃんに向いていたので、集中して滑ることができた」

自己ベストを出してフリーに良い感じで入れそうですし、7位以上の順位も狙えそうです。
他の2人に目が向いていたとチクッとコメントしたとこが○です!!


(引用:iza!)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。