栃東 脳疾患で引退の危機 - 緊急入院・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃東 脳疾患で引退の危機 - 緊急入院


栃東の突然の休場にはびっくりした。カド番で迎えた今場所は10日目に勝ち越して、好調だなと思って見ていたので "あれっ" って感じたが大変な病状のようです。

大関・栃東(30=玉ノ井)が脳疾患で力士生命の危機に立たされていることが分かった。

22日、頭痛を訴えて休場したが、師匠で実父の玉ノ井親方(元関脇・栃東)は近日中に出る精密検査の結果次第では、そのまま引退する可能性を示唆した。

大関陥落など成績不振ではなく、病気での引退は栃東にしても、ファンにしても残念なことです。病状が悪くなければいいですが...

大関陥落なら引退を明言して臨んだ8度目のカド番場所を、10日目に脱したばかりだった。休場は昨年夏場所以来16度目。幕内優勝3度の名大関の病状が心配される。
場内にアナウンスされた栃東の休場理由は「高血圧」だったが、事態はさらに深刻だった。

玉ノ井親方によれば、栃東は今場所初黒星を喫した8日目頃から片頭痛に悩まされていたという。当初は首痛と考え、首を引っ張る外科的治療を受けた。ところが一向に良くならなかったため、朝稽古を休んだこの日、大阪市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受けたところ脳疾患が判明。そのまま緊急入院することになった。

日本相撲協会には「高血圧で5日間の安静、治療が必要」との診断書を提出して休場した。しかし、病名や全治はあくまで暫定的なもの。検査結果を待って、都内のかかりつけの病院で再度精密検査を受けることも検討している。「母親(千夏さん)も高血圧体質。スポーツ心臓で肥大しかかっているらしい。引退?検査の結果次第では(現役続行は)無理だろう。医者と相談です」と玉ノ井親方は、今場所限りで引退する可能性もほのめかした。

スポーツ選手は体が一般人より丈夫でしょうし、"我慢" が利くのが逆に作用することもあるのでしょう。

病状が軽くすんで、栃東関が復活できるのを願うばかりです。


(引用:ライブドアニュース)

スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。