レッドソックスの松坂大輔投手、オープン戦ながら"メジャー初勝利"・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドソックスの松坂大輔投手、オープン戦ながら"メジャー初勝利"


レッドソックスの松坂大輔投手がオープン戦のパイレーツ戦に先発して、初登板のボストン・カレッジ戦に続く2勝目をあげた。メジャー相手では "初勝利" をマークしたことになる。オープン戦ですが...

レッドソックスの松坂大輔投手(26)が21日(日本時間の22日)、パイレーツ戦に先発し、メジャー最長の5回2/3を投げ、1安打1失点、7奪三振でメジャー相手に初勝利をマークした。
初回に先頭のダフィーに死球を与えるなどで、二死三塁とされ。4番・ラローシュに右前適時打。1点を失ったが、その後は立ち直り、安定した投球内容を披露した。

死球のボールは打者が避けれるボールだったように見えたが...
やはり、松坂投手は立ち上がりに難ありでしょうか!?
初回以降はストレートも多く投げていて、三振も多く奪って良かった。


この日はナ・リーグ主催試合だったためDH(指名打者)はなかったため、3打席に立ったが、3打数3三振だった。

この時期のオープン戦は投球に集中だろうから、これは仕方なしだろう。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。