発売から23年-携帯1億台突破・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発売から23年-携帯1億台突破


携帯電話は今や"電話する"だけでなく、"メール"、"カメラ"、"インターネット"など様々な機能が入って便利になりまった。
そして持っているのは大人だけでなく高校生は勿論、小学生も...という時代だ。台数もここまで来たか。


電気通信事業者協会によると、1月末時点の携帯電話とPHSの契約数は、1億22万4000台となり、1985年に肩掛け式の「ショルダーホン」が発売されてから23年目で1億台を突破した。

内訳は、携帯が9531万5000台、PHSが490万9000台。
だが、携帯は国民1人1台が当たり前の時代に入り、生活に欠かせない道具となった半面、国内市場は飽和状態に近い。

最近も新商品の発売ラッシュだ。競争も激化している。

1月の新規契約から解約を差し引いた携帯の純増数では、「au」などを展開するKDDIが20万8000台と6カ月連続で首位。月額基本料980円の新プランを導入したソフトバンクが16万4000台と追い上げた。ドコモは7000台の微増にとどまり、苦戦が続いている。

これからも各社の値下げ、新サービス合戦は続くだろう。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。