映画、蒼き狼に逆風 - 目標興収に遠く及ばず・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、蒼き狼に逆風 - 目標興収に遠く及ばず


角川春樹氏の力の入れよう、多額の制作費、反町隆史主演など話題は豊富な映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」ですが、イマイチ盛り上がっていませんね。
映画好きの人はともかく、一般にあまり浸透していない感じがします。


先週、公開された映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」に猛烈な逆風が吹いている。

目標興収は50億円だが、予想ではその半分すら厳しいとみられているのだ。
週末の全国の興行はさんざんだった。
土日の2日間の観客動員は約16万人で、興収は2億円に満たない1億9600万円だった。「蒼き狼」は邦画史上最大の444スクリーンで公開された超大作だけに軽くこの2倍以上の数字をハジキ出してもおかしくない。

週末がこの数字だと目標興収の到達は相当厳しい感じです

そもそも製作総指揮の角川春樹氏はこの映画で1億人を動員すると豪語していたから、肩透かしを食らったというところだろう。

「この映画はチンギスハンの物語ですが、なぜモンゴルが舞台の作品を選んだのか疑問です。客層は中高年が多く、若い世代からソッポを向かれていて今後も期待薄。興収が20億円を切るという声もある」(事情通)

なぜって、それは制作総指揮の角川春樹のみぞ知るですよ!?

製作費30億円、宣伝費9億円で40億円近いカネがかかっている。「本音でいえば60億円を確保したい」(関係筋)というから、その3分の1がやっとではキツい。大赤字の気配だ。

菊川怜さんばかりにテレビでの宣伝をやっている感じだが、主演の反町隆史さんがもっとバンバン出て宣伝はないと!?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。