日本ビクター買収提案の入札に米ファンド2社応札・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ビクター買収提案の入札に米ファンド2社応札


各業界で再編、買収の話が囁かれる中、松下電器産業の子会社、日本ビクターの売却先として、米ファンド2社が買収提案の入札に応札したようだ。

松下電器産業が検討していた子会社の日本ビクターの売却が大詰めを迎えている。
松下がこのほど実施した買収提案の入札で、米系の大手投資ファンドのTPG(テキサス・パシフィック・グループ)とサーベラスの2社が応札した。
松下は提示された売却価格のほか、ビクターの再建案を比較検討したうえで交渉相手を1社に絞り込み、3月中に売却先を決めたい考えだ。
日本でのビジネス拡大を狙うTPGがサーベラスを上回ったのではないかとの見方がある。

TPGは今回の応札が事実上、日本で初の大型買収案件。
今後3~5年の間に日本で毎年5億(約590億円)~10億ドルの投資を行うことを表明しており、今月6日には玩具大手のタカラトミーとの資本・事業提携を発表した。
今回の買収では、松下の保有するビクター株(52.4%)を含む全株の取得を目指しているとみられる。

TPGは凄い額を日本で投資する予定のようだ。それだけファンドにとって魅力のある企業があるということか!?

松下は、ビクターが07年3月期連結決算で2年連続の営業赤字の見通しとなるなど業績不振が続いているうえ、AV(音響・映像)分野の製品で重複が多いことから昨年秋ごろから売却の検討を本格化してきた。

グループ同士で商品が重複し、客を奪いあっても意味ないし。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。