春の高校バレーはテゴマスが盛り上げマス!! - 3度目の応援団長・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の高校バレーはテゴマスが盛り上げマス!! - 3度目の応援団長


"春高バレー" 開幕近し! 今年はどんな戦いが見られるか!?
バレーボールのサポーターといえばジャニーズの方々ですが、今回の "春高バレー" は『テゴマス』だそうですよ。


人気グループ、NEWSから生まれたユニット、テゴマスがフジテレビ系で放送の「第38回春の高校バレー全国大会」(19日開幕)のサポーターに決まり、4日、東京・台場の同局で会見した。

手越祐也(19)、増田貴久(20)はNEWSの時も含め、これが3度目のサポーター。

抽選会に集まった108人の高校生を前に、イメージソング「マルイチカラ」をアカペラで熱唱し、“応援団長”の気合を見せた。
大会に出場する全国108校を代表して集まった108人の選手たちが見つめる中、アカペラで「マルイチカラ」を披露したテゴマス
「すごく練習しました」(増田)とはいうものの、心臓はドキドキ、バクバクだ。
歌い終えた増田は「緊張しました」ともらし、「人と人との絆(きずな)を歌った曲。バレーボールも一つの丸いボールに向かってみんなが力を合わせる競技なので、ぴったりの曲なんです」と笑顔。
手越は「選手の皆さんもこの丸いボールに思いを込めて闘うと思うので、ぼくらも選手と同じ気持ちになって一生懸命歌います」と力を込めた。

選手達にとって一生忘れること無い曲になるでしょう。

2人は、抽選会を終えた108人の選手一人ひとりに、大会のマスコットボールを手渡し、全員と記念撮影に納まった。
大会期間中は実際に会場のさいたまスーパーアリーナに足を運び、戦う選手たちにエールを送るほか、「マルイチカラ」を披露する。

(引用:iza)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。