J1浦和レッズの阿部勇樹覚悟-「もう遠慮しない」・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1浦和レッズの阿部勇樹覚悟-「もう遠慮しない」


浦和レッズに移籍した阿部勇樹選手だが、なかなかチームに合わないのかいいニュースが少ない感じしますね。

スーパーカップの対G大阪戦でも、あまりチームに貢献できていないようでした。 騒がれた中での移籍だったので阿部選手もプレッシャー感じて、硬くなったか!?

しかし、そのG大阪戦をきっかけに吹っ切れたようで...!?



ゼロックススーパーカップでG大阪に惨敗したJ1浦和に所属する日本代表MF阿部勇樹(25)が練習後、「もう遠慮してる場合じゃない」と話し、新天地での苦悩を吹っ切った。
気持ちの整理はついた。「落ちるところまで落ちた。あとは自分次第で上がるだけ。性格的にもこういうときの方が頑張れる」。
この日のミニゲームでも周囲の声とかみ合わない場面もあったが「そろそろ移籍して1カ月。自分のやりたいことをやっていいと思う」と覚悟を決めた。

鳴り物入りでJ1千葉から移籍したが、国内デビュー戦となったゼロックス杯では4失点。インターネット掲示板でもヤリ玉に挙げられ、試合を観戦した知人からも「遠慮してるんじゃないか」と心配された。

原因は、13年を過ごした古巣千葉と浦和の練習グラウンドの感覚が違うため「まだ足にボールがつかない。ぎこちなさが判断につながっている」のだという。だが、この日の練習後も居残りでパス練習をし、ボールタッチの違和感解消に努めた。

そんなにグラウンドの感覚が違うんですか!?
これはどちらのグラウンドが "良い・悪い" と言っているわけではないんですよね!?


「これでやれないと海外でもやれない。レッズでやれることをやりたい」。開き直った阿部は、3月3日のJ開幕戦・対横浜FC戦で輝きを取り戻せるか。

浦和レッズは過密日程で大変だろうから、
阿部選手にもしっかり仕事してもらわないと"辛い"ですよ。


(引用:ライブドアニュース)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。