音楽配信市場規模がCDシングル生産額逆転!!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽配信市場規模がCDシングル生産額逆転!!


今や、音楽をネット配信で取得してパソコンで管理するというのはめずらしいことではなくなった。
ポータブルプレイヤーの普及や、ダウンロードも簡単・安値になったこともあるだろう。

これからますますネット配信は広がっていきそうだが、ついにCD生産額を逆転とか!?


音楽をインターネット上からダウンロードして購入する有料音楽配信の2006年の市場規模が、前年比56%増の534億円となり、CDシングルの生産額(508億円)を初めて上回ったことが、日本レコード協会の調べで23日、分かった。
DVDなど音楽ビデオの生産額568億円にも肩を並べる規模。
ネット音楽配信の売り上げのうち、携帯電話へのダウンロードが482億円で9割を占めた。楽曲の一部を100円程度でダウンロードできる「着うた」は246億円、全部を取り込む「着うたフル」(300円前後)は179億円。

パソコンだけでなく、携帯電話もそうとうな "脅威" だ。
携帯電話の機能の進歩はスピードが速い。


ネット配信を除く既存音楽ソフトの生産額は4084億円で、1998年に6074億円を記録して以降、8年連続で減少している。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。