フランス女性シェフが三ツ星を獲得-07年版ミシュラン・ガイド・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス女性シェフが三ツ星を獲得-07年版ミシュラン・ガイド


レストラン案内「ミシュラン・ガイド」07年版で女性シェフが三ツ星獲得です。シェフの仕事に男女の差はないとおもいますが、随分と久しぶりの女性シェフの三ツ星獲得みたいですね。

また、"老舗"と呼ばれるところが格下げになってます。老舗なりの苦労、大変さがあるんでしょうが、チョット残念な感じがします。


フランスの著名レストラン案内「ミシュラン・ガイド」07年版が21日公表され、女性のアンヌソフィー・ピックさん(37)がシェフを務める南東部バランスのレストラン「ピック」が最高位の三つ星に昇格した。
女性シェフのレストランが三つ星を獲得したのは56年ぶりで史上4人目。

ピックさんは祖父、父に続いて3代目の三つ星シェフとなった。

3代続けて三ツ星シェフとは凄いです。

こういうご家庭では普段の料理はどんな物食べるんでしょうか!?
食事作るのは誰なんでしょ!?


一方、33年間三つ星を守ったパリの老舗「タイユバン」と、パリの高級ホテル内にある「ル・サンク」は三つ星から二つ星に格下げされた。

"老舗"とゆばれる有名店が降格ですか!? なにがあったのでしょうか?
店が大きくなったり、有名になったりするのはいいが、いろいろ問題も出てくるんでしょうね。


07年版では三つ星26店、二つ星65店、一つ星436店となった。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。