ウエンツ失恋でガクッ!?お相手は競演の...・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエンツ失恋でガクッ!?お相手は競演の...


ウエンツ瑛士さん出演のこの映画どうなんでしょうか?設定はなかなか面白そうですが。

架空の都市“新東京都”を舞台にした青春映画『キャプテントキオ』の初日舞台あいさつが、シネ・リーブル池袋で行われ、ウエンツ瑛士中尾明慶らメインキャストが登壇した。前売指定席券が即日ソールドアウトしたこの日、会場は若い女性を中心に超満員となり、コンサート会場を思わせる熱気に包まれた。

舞台あいさつのある初日は盛り上がりますから。問題はこれからです。
初共演を果たしたウエンツと中尾は、夢を追いかける高校生を熱演し、すっかり意気投合した様子。現在、小池徹平と人気ユニット「WaT」を組んでいるウエンツは「Wはウエンツ、Tは徹平で、a は明慶ですから(笑)」と、中尾を3人目のメンバーとして迎えたいとラブコールを送った。しかし、以前、小池とも共演したことがある中尾からは「徹平君との仕事のほうが楽しかった!」とつれない返事が返ってきた。普段から、友だちがいないと嘆いているウエンツは、中尾にも振られてしまい、まるで失恋したかのような切ない表情を見せた。

ウエンツさん、"顔芸"まで身につけましたか!?

また、“新東京都”知事を演じた泉谷しげるは、この日も大暴走。「石原都知事のマネで、目をシバシバさせる芝居をしたけど、全部カットされた」と毒づいたかと思えば、持っていたマイクを、客席に放り投げるなどやりたい放題。あまりの暴走ぶりに困った司会者が、適当にあしらおうとすると「お前、話聞いてないだろ」と周囲の期待通りのキレキャラを演じてみせた。

泉谷しげるさん、盛り上げますね!!:元気だな~この人。
期待通りのキレキャラって"カンニング竹山"じゃないんだから...


 『キャプテントキオ』は絶賛公開中。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。