渡辺謙に最優秀主演男優賞-日本アカデミー賞・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺謙に最優秀主演男優賞-日本アカデミー賞


渡辺健さんの受賞は妥当なところですかね。演技もいいですよ、流石に。今や、ハリウッドで活躍の俳優さんとして日本人俳優のトップって感じですね。
なんとなく"風格"みたいなものを感じるようになったような...


第30回日本アカデミー賞の授賞式が16日、東京・新高輪プリンホテルで行われ、「明日の記憶」渡辺謙(47)が最優秀主演男優賞を獲得した。
ブロンズ像を手にした渡辺は「(89年に急性骨髄性白血病のため)“天と地と”を断念したときに病院のベッドで、また映画をやって日本アカデミー賞でスピーチをするんだとひそかにイメージトレーニングをしていました。少し時間がかかりましたが、やっと実現しました」と悲願達成に感激。顔をゆがめて涙をこらえる姿に、「北の零年」で共演し、司会を務めた吉永小百合(61)は「本当にうれしい」と涙。「明日の記憶」で夫婦を演じた樋口可南子(48)も目を真っ赤にした。

渡辺謙さんは病気やブライベートなことでいろいろありましたからね。苦労して、頑張ってとった賞だって感じさせます。

渡辺は初主演作でブルーリボン賞など賞レースを席巻し、今回で5冠目。「支えてくれた方々、子供たち、かみさん、ありがとうございました」としみじみと話した。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。