楽天・田中将大 3・25西武戦デビュー決定!?・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天・田中将大 3・25西武戦デビュー決定!?


各球団のキャンプも終盤だが、楽天の田中将大投手の評価が高いようだ。体も強そうに見えるし、高卒1年目からでも先発ローテーション入りしてくるかも。
TVのスポーツニュースやスポーツ新聞でもとり上げられることが多く、新人とはいえもう球団の"顔"的存在になりつつある。
そんな田中投手、もうデビュー戦が決まった!?


田中、3・25デビュー!楽天の高校生ドラフト1巡目・田中将大投手(18)の初登板が、開幕2戦目となる3月25日の西武戦(グッドウィルドーム)に内定したことが17日、分かった。さらに中5日で、本拠地開幕戦となる同31日のオリックス戦にも先発する。キャンプ期間中に高卒新人の公式戦デビューが決まるのは異例中の異例だが、野村克也監督(71)は怪物新人のお披露目にふさわしい舞台を用意した。
首脳陣はすでに、キャンプ突入前にオープン戦の帯同を決めた。だが、15日の紅白戦でMAX148キロをマークするなど、順調な仕上がりに野村監督は一気に心を決めた。まずは3月31日の本拠地開幕戦の先発にファンサービスの意味も含めて田中先発の方針を決定。その上で橋上ヘッドコーチは「逆算すると開幕2戦目あたりに1度、投げることになる」とデビュー戦は中5日で本拠地開幕投手が可能な3月25日の西武戦となる方針を示した。

まだ、オープン戦前なのにこのような話が出ることからしても、田中投手への期待度の高さがわかる。

当の田中は「オープン戦もまだいつ投げるか聞いていないし知らない。本当に何も聞いてないんですよ」と苦笑いだが、松坂さえもデビュー戦は開幕4戦目。2戦目の先発が実現すれば、ドラフト制以降では高卒新人のデビューとしては最速記録となる。くしくも、松坂が去った本拠地マウンドで第一歩を踏み出すことになるゴールデンルーキー。新たな背番号18伝説の始まりにこれ以上ない舞台が整う。

ここは冷静に、オープン戦のピッチングを見てみよう。
そのオープン戦も注目なのには変わりないが。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。